長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。

長期投資をしながら、趣味を少しずつ増やし、アーリーリタイアを目指す普通のサラリーマンのブログです。

仕事

働き続ける事の意味について

以前の記事に今の資産が無くなった場合の行動について、紹介しました。資産が無くなると、計画していたアーリーリタイアは出来ませんし、最低でも年金をもらえる年齢まで働き続けるでしょう。 過去の記事はこちら fish1017.com 先日読んだ本に「人生において…

部署長を外れて1年 休日と働き方の変化

地方のメーカーに勤める45歳のサラリーマンです。一応管理職ですが、今は部下がおらず、1プレーヤーとして働いています。 ちなみに1年前までは30~40人の部下を持つ部署長でした。2011年から8年間部署長をしていました。この間は、今よりストレスの多い日を…

収入を増やす手段 会社での副業と出世

どうもfish1017です。アーリーリタイアを目指す人にとって、会社以外から収入を得る事は1つの目標かもしれません。 会社に行って、人と交流しながら仕事をするのが好きな人は、アーリーリタイアせずに会社で働き続ける選択肢もあるでしょう。 一方で会社にい…

アーリーリタイア前に働く部署について

今年で45歳になり、予定しているアーリーリタイアまであと数年になりました。今の所、アーリーリタイアする年齢は明確に決まっていませんが、3パターン(50歳、53歳、56歳)で考えています。 上記3パターンで、最も早いケースですと、後5年でリタイアになり…

サラリーマンの昼食代をどうやって節約するかー2

前回の記事で、色々な昼食の仕方について紹介しました。余りケチケチすると、楽しみにしている昼食が台無しになるので、偶に少し豪華なランチを楽しむのも1つと思います。 今回は私が2年前から行っている「簡単に安く作れる」お弁当について紹介したいと思い…

サラリーマンの昼食代をどうやって節約するか。

サラリーマンの多くの方々は「おこずかい制」で、毎月使えるお金は決まっているのではないでしょうか。限られたおこずかいから、昼食費や飲み会代、趣味のお金を捻出するのは大変と思います。 コロナ禍の影響で、飲み会が減って意外におこずかいが減らない方…

定年後の働き方 会社の再雇用制度について

私はアーリーリタイアを目指しているので、今の所60歳の定年まで今の会社で働く事は考えていません。しかし最近私を含めて周りの人も気が付かない内に年を取っており、毎月出る辞令を見て「えっ、この人もう定年なのか。」と思う時があります。 部署長をして…

希望通りにいかない 会社の期待と人事

私は少し前まで40人規模の部署長をしていました。部下を管理するというものは、結構労力がかかるものですし、管理者として向き、不向きがあると思います。 部下の多い、少ないに関わらず部署長であれば年に1度は部下の面談をしなければなりません。40人も部…

会社の飲み会参加を最小限に、円滑に断るには…

今回は、サラリーマンであれば避けては通れない、「会社の飲み会」について書いてみようと思います。 コロナウィルスによる会社行事の中止 コロナウィルスの影響で、会社の行事が軒並み中止になっています。今まで必要と考えていた様々な行事ですが、中止に…

サラリーマンにとっての運動 徒歩通勤とフィットネスクラブ

私のアーリーリタイア後の計画の1つとして、全国の名所を回ることがあります。時間が出来れば四国八十八か所巡りをしたいと考えていますが、まず最初は今まで行ったことが無い県を回ってみたいと考えています。 旅行で色々な所に入っていますが、東北、南九…

年によってここまで違う。バブル、氷河期、コロナ世代の就職について

コロナウィルスの影響を受けて、経済状態が一気に悪化しています。少し前のニュースですが、2020年卒の大卒内定率が98%に対して、2021年度卒業生はかなり厳しい見通しである事が書かれていました。 経済状況で学生の内定率が変わるので、運が悪い年度に卒業…

田舎の街での最近のコロナ対策状況について

コロナウィルスについて、私の住んでいる田舎の街では、マスク姿の人が多い位で、通常の生活に戻っている様に見受けられます。 東京では最近また感染者が急増しており、まだまだ気の抜けない日々が続いて大変と思います。私が住んでいる田舎の街では、「不要…

縮小されつつある、会社の福利厚生について

以前の記事で、資産を築くのは固定費を下げるのが必要と書きました。特に住居費については、寮や社宅制度がある会社を選ぶ有効性について紹介しました。 ただ近年では企業業績が不透明なため、会社の福利厚生は縮小傾向にあると思います。実際、私の会社でも…

アーリーリタイアと会社での出世について考えてみた

私の会社では、40歳半ばにもなると、出世するひととそうでない人がある程度見えてきます。もちろん、まだ昇任の機会があると思っている人もいると思いますが。 会社での出世について 私の会社では、大体入社10年後に管理職になり、その後10年位経過して課長…

セミリタイアに役に立ちそうな資格_電気工事士

今考えているリタイア後の生活は、ストレスのない範囲で働くセミリタイアを想定しています。イメージとしては、週に2~3日働く感じです。 リタイアした後は、50歳以上になっているので、働ける業種は限られてくるでしょう。またアルバイトでも良いかもしれま…

若い時の働き方について今思う事

私は今年で45歳になり、気が付いたら会社の中でも中堅以上の社員になってしまいました。自分の意識は、"若手社員" のままであまり変わっていない事もあり、周りの社員から上級職の様に扱われると正直まだ戸惑うことがあります。 入社5年目まで必死で働いた …

コロナ後の働き方_東京と地方の意識の違い

5月25日に非常事態宣言が解除されました。私が住む県では既に5月18日から解除されており、社内連絡にも徐々にテレワーク実施に対しての呼びかけが緩やかになっています。 非常事態宣言中、私の部署では週に2回のテレワークをするように言われてました。デス…

若手時代_週末休み前、財布に1,000円しかないが安心できるか?

現在クレジットカードだけでなく、スマホ決済も普通に使われるようになり、キャッシュレスが進んで、財布に入っている現金が少ない人又はお財布自体を持っていない方もいらっしゃると思います。 日本人は現金志向が強く、中々キャッシュレスに移行するのは難…

コロナウィルスの中、地方の会社で働いて気づいたこと

テレビやネットで流されるニュースがコロナウィルス一色になって1ヵ月以上経ち、患者数の人数を確認するのが日課になっています。 私が住む県の患者数は、全国でも下位に位置しており、この最近は新規患者数は出ていません。おかげさまで緊急事態宣言から解…

アーリーリタイアした後は何をするのか?その3 アルバイト

リタイア後は、「自分のビジネス」をしてみる事について書きましたが、「アルバイト」もやりたいことの1つです。 学生時代のアルバイト 大学生家を出て、一人暮らしを始めましたが、仕送りが少なく、生活費を賄うお金も足りなかったので、色々なアルバイト…

アーリーリタイアによる子供への影響について

リタイアするタイミングが子供の自立と同じであれば、余り悩む必要はないと思いますが、まだ自立する前にリタイアするのであれば、子供への影響が気になります。 妻にはアーリーリタイアを宣言していますが、子供は小学校低学年なので、言ってもおそらく理解…

リタイアを目指すには…地方の安定した企業に就職して良かったこと

今の会社に就職してから約20年が経過しました。途中で辞めたいと思った事は何度かありますが、今では今の会社に勤める事が出来て良かったと思っています。 入社した当時は就職氷河期だったので、同期は納得いく就職先に行けなかった思いが強かったと思います…

個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について [長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。